発注者としてのアジャイルプラクティス

川上さん

8/26 のエンタープライズアジャイル勉強会に、KDDI川上さんが「大企業でのアジャイル」と題して話されました。KDDIでは企画側と開発側に組織が分かれており、開発側は開発ベンダーに開発を発注して開発を行います。この形態にアジャイル開発を持ち込んだときの War Story を結晶化して、いくつかのプラクティスを上げています。

これまで、開発を回す側のアジャイルプラクティスは良く知られていますが、開発を発注する側のプラクティスが今回のテーマです。この視点で語られたことは日本ではほとんどありません。

発注側のアジャイルプラクティスを順に紹介します。

請負でなく準委任で

一体感を作り、目的を常に意識するために。例として、原子力発電所もんじゅのナトリウム漏れの話を引いていました。漏れを起こした原因となった温度計を作っている人は、それが、ナトリウムの温度を測るために使われることを知らなかった、ということです。自分の手元の仕事が「どいういう風に使われるか」を知らないで作ることがないように。言われたから作りました、とならないように。

マルチベンダ

なんでも出来る人(十得ナイフ)を集めるのは難しい。一つのことに秀でた人やベンダーを集めて(ノミとカンナと…)分担してもらう方がよい。

インセプションデッキ

山に登りましょう!といっても、ハイキングなのか、南アルプスなのかで全然違う。ある程度具体的にビジョンを共有しましょう。

モデリング

「長崎や佐賀の方、この会場にいますか?」
天ぷら盛合せ、というものを頼んだ時に、全く違うものが出てくる可能性があります。想定を合わせる、用語辞書的にモデリングは使えます。また、オフショアの場合、コミュニケーションの質がだいぶ違います。
天ぷら盛り合わせ

ペアプロ

ペアプロで知識とスキルを伝達しましょう。経験がない内部の人が外注から教えてもらってもいいんです!

プロジェクトルーム

専用のプロジェクトルームを作る事で、張り物や会話など、密度の濃いコミュニケーション空間が作れます。

発表の後は、細川さんのファシリテーションで、ゲームを使ってグループ討議。

細川さん

関心のある話題を、ドットシール投票。

どっとしーる

スペクトルマッピングで、各話題への各自のスペクトルを明らかに(発表は、永和システムアジャイル事業部の木下さん)。

スペクトル

印象に残ったのは、アジャイルへ懐疑派もいるなかで、部長や本部長といった組織の上司が、「チームを信用している」と思っていることがとても重要だ(そうでないとやる方が折れてしまう)と言ったのが印象的でした。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s