Modern Agile Workshop by Joshua

今年のアジャイルジャパンの基調講演は、Joshua Kerievskey によるModern Agileです。翌日、4/14に、本人によるModern Agileワークショップがあります!ぜひ、ご参加を検討ください。 モダンアジャイルワークショップ(1日コース) アジャイルの再定義について学び考える一日。今までの具体アジャイル手法(例えばスクラムを導入する)ではなく、2017年現在の世界のアジャイルを見て再定義された、今風のアジャイル導入の新しい「エントリーポイント」となると思っています。 モダンアジャイルの4つの基本理念がどのように意思決定を行うか。 カルチャー、コード、プロダクトの安全性を高める方法 摩擦ポイントを明確化し、プロセスをシンプルにする方法 チーム全体がいつでもよりよい働き方をに発見しようと意欲を持つ方法 概要こちらです。 日時:2017年4月14日 (金) 9:00-18:00 場所:永和システムマネジメント 東京支社 定員: 20名 参加費: 86,400円(税込み)  Agile Japan 2017登録者特別価格: 58,320円(税込み) 詳細: http://agilejapan.org/modernagile_0414.html 場所は、神田の永和システムマネジメント東京支社のコワーキングスペースをお貸しすることになりました。   Modern Agile について、そのほかの情報はこちらから。 野口さん(enk (id:enk_enk))のブログhttp://enk.hatenablog.com/entry/2017/02/10/200841 以前にこのブログでの紹介 https://anagileway.wordpress.com/2016/10/07/modern-agile-jp facebook にグループがあります。 https://www.facebook.com/groups/modernagilejp/  

Read more "Modern Agile Workshop by Joshua"

Digital Innovation Leadership with Jeff, Nonaka(野中郁次郎先生) and Takeuchi(竹内弘高先生)

(※ EDIT: 2/28 野中先生のスライドを加えました。写真加えました。) Digital Innovation Leadership (~ビジネスを創造する組織戦略~)が、今週水曜(2/15)、ウェスティンホテル東京にて行われました。ぼくもパネルディスカッションのモデレータとして呼ばれてお話をしました。(後の方にぼくのパネルの資料を公開します) Jeffのスクラムの話 スクラムは、アジャイル開発の一手法であり、現在最も人気のある手法でもあります。今回のトークは、Silos(サイロ=組織の壁)、Transparency(透明性)、Happiness(幸せ) というタイトルのでした。組織の壁を越えること、仕事の役割の数を減らすこと。仕事の中身を透明に見えるようにすること。 今回は、特に「ハピネス」の話に力が入っているように感じました。幸福度が高い営業の方がよい成績を上げることも、幸福度が高いチームがよい生産性を上げることも、統計的に有意になっています。このことは、「働き方」としての改革がスクラムには含まれていることを示しているのでしょう。新しいマネジメントの思考(マインドセット)がスクラムには必要なのです。 KDDI藤井さん 藤井さんはSun Micro, Google と渡り、西海岸でできている仕事のやり方が、なぜ日本でなぜできないのか、という疑問を解決すべく、KDDIで活動されています。そのためには、ソフトウェア開発だけでなく、商品企画もアジャイルでなければならい、という結論を得て、企画のプロセスを変えることにも取り組んでいるのだそうです。 野中郁次郎先生 今回も一番インスピレーションに富んだお話。スクラムの根底にあるのは、知識創造、がどこからやってくるのか、というモデル、SECIモデルです。イノベーションはPDCAでなく”S”(Socialization)から始まる。つまり言葉にならない暗黙知を共有する共体験の世界。人間は母との関係から、つまり二人称から始まる元来ソーシャルな存在。一人称の前に未分化な”I-You”関係がある。そこから言語を得て一人称を発見する。その後ようやく他者を客体視する事ができ、”I-It”関係を得る。Itを得て分析ができるが、決して分析が先ではない、という話です。「だから、女房を説得できない男は世界を変えることはできない」というオチまでついて、深い示唆と笑いに包まれた講演でした。(2/28 EDIT: スライドを許可を得て公開します) パネルディスカッション ぼくがモデレータを務めたパネルです。Scruminc のAvi、 JISA会長の横塚さん、KDDIの藤井さんに登壇いただきました。 デジタルビジネス時代が訪れ、海外企業がどんどん「小さなチームによるイノベーション」を始めています。そのチームが市場を創造しながら製品を作っていく。大企業の中でもスタートアップ的なアプローチのチームが増えているのです。そこではアジャイル開発(ビジネス開発も含めて)が行われている。日本の中でも、大企業が小さなチームの力に気づきはじめています。海外の話をAviに、日本の話を横塚さんと藤井さんに振りながら議論が進みました。 交流会 交流会はなんと、竹内先生(スクラムの名付け親のもう一人)にご挨拶いただきました。ボストンでJeff夫妻の定期的に食事をしているとのこと。日本の製造業からはじまったScrumという言葉が米国のソフトウェアで花開き、ブーメランのように日本に戻ってきた。そんな状況になるとは思ってもみなかった。というお話でした。 このイベントの意味 スクラムはJeffとKenによって形式知化され、竹内先生と野中先生の1986の論文、The New New Product Development Game がインスピレーションの大元になってその名を付けられています。ですので、Jeffはスクラムの父(father of Scrum)、竹内先生、野中先生は、スクラムの祖父(grandfather of Scrum)というわけです。その3人が集まるというのは初めてという世紀のイベントということです。2011年に川口さん、前田さんらとJeffと野中さんの初顔合わせを企画した Innovation Sprint 2011 のことを思い出します。 現在の日本、Webサービスを事業コアに持つ事業会社、スタートアップの中では標準になりつつあるアジャイルですが、既存産業の中ではまだ浸透していません。(日本でいう)ユーザ企業と(日本でいう)SI(システムイングレーター)およびその下請け構造の中ではウォーターフォール型の開発がまだまだあります。しかし、SoE領域の開発、イノベーションの領域では大企業の中でも小さなチームで新規サービス開発に臨む、ということが徐々に始まっています。 そこで、このイベントではユーザー企業の経営者を中心に参加者を募ったそうです。会場はスーツで埋め尽くされ、ぼくも、とても緊張したイベントになりました。でもこの層の方々にも十分納得いただける内容だったのではないか、と思っています。もっともっとアジャイル開発が増え、エンジニアの力がビジネスを変える源泉になるよう、ぼくも活動していきます。 スクラムの概要と歴史、日本との関係、日本から出たイノベーションモデル、日本企業でのアジャイル事例、などにご興味があれば、ぜひ、野中先生と私の共著をお読みください! 『アジャイル開発とスクラム~顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント』 平鍋 健児、野中 郁次郎(著)

Read more "Digital Innovation Leadership with Jeff, Nonaka(野中郁次郎先生) and Takeuchi(竹内弘高先生)"

how serendipity changes the world

出会いと世界 今日、思いがけないことがあったので書きたいと思った。今週は、Jeff Sutherland を日本に招聘してScrumのプロダクトオーナー研修、スクラムマスター研修を手伝っている。もちろん、アジャイルの考え方やプラクティスを日本にもっと広げて、エンジニアの気持ちとビジネス成果を直接結びつけることがやりたいことだ。 でも、もっと本質的には、誰かの役に立ちたい、その思いを持った人ともっと出会いたい、人生の時間のなかで、「出会い」、が本当に意味を持つということを自分自身が体験したい、という欲求が自分の中にある。 今日、それを思い返す出来事があった。 3年前 ぼくは生牡蠣が大好きで、赤坂見附のOyster Barで飲んでいた。隣の席に、熱く仕事の議論をしている二人の男性がいて、「次の新しいサービスをアジャイルで作りたい」という思いを、旅行会社のビジネスオーナーに語っている。聞けば聞くほど、自分の思いをアジャイルという手段を用いて、なんとかしたい、という気持ちが伝わってくるので、聞いているうちにいてもたってもいられなくなった。気づくと、 「あの、いまアジャイルの話をしていますか?」 と話しかけてしまった。 当然、その彼はぼくのことを知らなかった。そして、アジャイルというものを夢と同じ意味で使っていたかもしれない。でも、その話の中心は、ビジネスをもっとよくしたい、その手段としてのアジャイルの可能性、自分ができることのコミット、を感じた。 ぼくはいてもたってもいられなくなって、実はアジャイルというものを信じている一人なんです、ぼくは、、、、という自己紹介を隣のテーブルにして、その時持っていた本を渡し、何か手伝えることがあれば、というメッセージとともに名刺を渡してその席を後にした。 今日 スクラムのプロダクトオーナー研修のあとで、川口さんがScrum Gathering Tokyo の retreat を開催してくれた。そこには、SGTのメンバーがTシャツを着て参加してくれ、Jeff を囲んだ会を催してくれた。これまでのSGTの歴史を振り返り、Jeffのスピーチを聞き、実践者の歓談の機会を作ってくれた。 会も盛り上がって、そろそろ、となったときに、ある人が声をかけてくれて「平鍋さん、ぼくのことを覚えていますか?」と聞いた。ぼくは「すみません、おぼえていません」と正直に答えた。そうしたら、「実は3年前に、飲み屋で声をかけられたものです」、という。 ああ、と思い出した。今日のこのブログを書くまで正直思い出せなかったのだが、あの赤坂のOyster Barで話をした彼だった。その彼が、石井さん、という、今日この場に参加してくれた人だった。 セレンディピティというのはこのことか、と思った。人に影響を与えることが、本当にいいことなのかどうか、ぼくは分かっていない。でも、影響を与えないで人生をすごすことはできないとも思う。恋愛、仕事、趣味、すべてそうなのだけど、すごいタイミングで何かがおこり、それが目に見える形で自分の前に現れた時、ああ、と思う。 スクラムやアジャイル、という言葉の前に、そんなキラキラした人生の粒を感じられることを、仕事の意味に思う。 そして、今、彼は自宅の自営業を継ぐ決心をし、アジャイルをその業界で広めようとしてる。そんな話を淡々とできる、今日という日に感謝。 なんて日だ!石井さんありがとう!

Read more "how serendipity changes the world"

scruminc seminar 50 people attended

Scrum Master Seminar 2/13,14 二日間かけて行われたスクラムマスターのセミナーです。急な応募にもかかわらず、50名の満員参加を頂きました!今回は、保険、組込み、通信、Webサービス、などなど、さまざまな業種の方が熱心に参加しました。 研修では、Scrumの基礎を座学とふんだんなワークショップで進めていきます。二日間ですが、まったく集中が途切れる時間がなく、エネルギーを消費するとともに気づきの多いセミナーでした。 Jeff の人生と学び なんといっても、Jeff Sutherland自身が講義をするというのが今回の目玉です。なぜScrumを開発しようと思ったか、という想いを存分に聞けました。戦闘機パイロットとしての経験では、実際にベトナムで100回におよぶミッションに出たとのこと。「計画」は大事だが現地で生きて帰るためには、計画通りに行くことはない。その場で生き残ることを考える。実際の生存利率は半分で、自分が生き残ったことは、テレビゲームでいう、リセット後の2回目の人生だと考えていると。 また、計画型のプロジェクトがうまく行くのは、要求の変更率が5%以内の時だけ。それ以上変更がかかるなら、エンピリカルな(経験的な、計測してそれに適応する)プロセスでないといけないことは、化学プラントのプロセス制御の十分データから分かっているという話。 そして、不満足な顧客、不機嫌な管理職、疲弊した開発現場、、、ここからなんとか脱したいという想いで読み漁った論文の中に竹内・野中の “The New New Product Development Game”を発見したこと。 そんないろんなスクラムが形式知化される前のお話を聞けたことで、ぼくもアジャイルに対する考えを新たにしました。 Scrum Patterns また、教科書スクラムに乗っていないいろんな現場知見もスクラムパターンとしてセミナーでは紹介しています。割り込みの多いチームでの割り込みバッファのパターンなど、とても実用的なものが含まれます。 People お昼休みに、みんなで記念撮影をしました。みなさんご参加ありがとうございました!(ScrumのSをイメージしたポーズです)

Read more "scruminc seminar 50 people attended"

Scrum seminar by esm, KDDI and Scrum Inc.

このセミナーについての思いを少し話したいと思います。 (↑ Scrum Inc のJeff とAviから、ビデオを頂きました。) アジャイル開発のセミナーはじめます! アジャイル開発に関する実務者向けセミナー(2日間有料、がっつり)、経営層向けセミナー(半日のイベント)を開催します。 実務担当者向けセミナー詳細はこちら。 ■認定スクラムマスター (CSM)研修 内容: アジャイル開発チームの構築手法やアジャイル開発の開発推進手法について 開催日: 2017年2月13日、2017年2月14日 ■認定スクラムプロダクトオーナー (CSPO)研修 内容: アジャイル開発におけるサービス要件の定義手法について 開催日: 2017年2月16日、2017年2月17日 http://scrum.esm.co.jp CSPO は Jeff も入ってのセミナーになるので、日本では超レアで、日本で2回目。これを逃すと次の機会は。。。ぜひ、Scrumの本質に触れてください。 このセミナーでは、アジャイルアライアンスの公式認定(CSMテストあり)とともに、Scrum Inc からも認定を受けることができます。 歴史的なセミナーイベント(経営者向け) 上記の実務者向けの他にもうひとつ、 ■経営層向けセミナー「Digital Innovation Leadership ~ビジネスを創造する組織戦略~」 と題して、半日のセミナー(無料、講演、パネルディスカッション、懇親会)が開催されます(抽選です)。私もパネルディスカッションに登場します。 経営層向けセミナー「Digital Innovation Leadership ~ビジネスを創造する組織戦略~」 主な対象者: 経営者、企業経営や新規事業開発の責任者など 基調講演: 野中郁次郎名誉教授 (一橋大学)、Dr. Jeff Sutherland (Scrum inc. CEO) 開催日: 2017年2月15日 14時~17時55分 企業交流会 18時~19時30分 […]

Read more "Scrum seminar by esm, KDDI and Scrum Inc."

教えるプログラミング、に必要なこと〜こどもプログラミングサミット in Fukui

「こどもプログラミングサミット in 福井」に参加してきました!(http://pcn.club/kps/ より) 「こどもにプログラミングを教える」、ということを考える「大人の会」でした。学校の先生、教育プロバイダー、プログラミング環境開発されている方、などなど、多数が参加されていました。全部は見れなかったのですが、一部レポートしたいと思います。 当社、永和システムマネジメントも協賛していますが、社長のぼく自身もプログラミングが大好き。こどもたちに早くこの楽しさを味わってもらえる方法について興味があります。 Scratchなどを見ると、やはり入り口はゲームなんですね。昔、タートルグラフィックス(亀を動かす)のLOGO プログラミング環境がかなり早い時代にありましたが(調べて見ると1967、LISP)、触って、動かして、わかる、というのが取り掛かりにはとても重要で、そこは変わっていないんだとわかりました。 IchigoJam ソフトウェアだけでなく、ハードにも触れることができる IchigoJam という秀逸な環境があります。自分でボードを組み立てて、そこでソフトを書けるんです。(名前は、Rusberry Pi への対抗!) (http://ichigojam.net/ より) BASICが最初から搭載されているという優れもので、鯖江の福野くんらが開発、販売しています。今、一押しの環境です。 Hack for Play ぼくが今回一番感動したのは、寺本 大輝さんが紹介した、Hack for Play です。 Javascript でいろんなゲームを作っていきます。これもゲームを基礎にしていますが、やっぱりキャラクターや設定にわくわくするんです。Javasript + HTML5の enchant.js 上に作られたプログラミング環境(現在は enchant.js に依存しないものも開発中とのこと)。寺本さんは、卒業するときに、「就職しないと学校の就職率が下がる」と言われ、自分で起業、そこに就職したというエピソードを福野さんに教えてもらいました。会社のビジョンには、 子供たちが工夫してプログラミングできるプラットフォーム「HackforPlay」を開発することで、ゲームを遊ぶような手軽さでプログラミングに触れられる機会をつくり、すべての人がプログラミングを楽しめる世界を実現します。 とってもいいことが書いてあり、応援したくなりました。 パネルディスカッション さまざまな立場の方が入ったディスカッションで、教育現場と世界の乖離、世界のプログラミング教育の状況などなど、アツかったです。 中でも、教育現場は遅れすぎていて、本当に危機感を持っている。「学校の中は昭和のよう。子供はランドセルをしょって、昭和にタイムスリップしている。」という言葉が印象に残りました。 スタッフのみなさん、講師のみなさん、とても楽しい時間をありがとうございました!僕らの未来はこどもの未来。プログラミング教育を盛り上げて行きましょう。  

Read more "教えるプログラミング、に必要なこと〜こどもプログラミングサミット in Fukui"

ESM 事例カンファレンス2016

11/22青山にて、「 ESM事例カンファレンス ~チーム運営と、アジャイル開発~」が行われました。永和のお客様から、実際に一緒に活動をやった事例をお話いただく場です。 看護師チームによるKPTの実践 まず、やわたメディカルの中田 恵子さんから、医療の現場にKPTを使った改善活動を使って頂いた事例を報告いただきました。ぼくはこの発表を何度か聞いていますが、病棟の引っ越しと科の統合の中で、看護師たちが不安をかかえ、どのように協力して新しい職場づくりをしていったか、が克明に語られています。その中で、ふりかえり(KPT)が中心的な「知の伝達」の役割を果たしました。物理的な引っ越しだけではなく、スキルや知識の引っ越しをしている例なんです。 (くわしくは、esm-conferenceブログ を参照してください。) アジャイル開発をよりアジャイルに NTTデータCCSの佐藤 竜一 さんから、SIの中にアジャイルを取り入れる活動、そしてチームの評価活動の成果を報告いただきました。 ぼくのハイライトは、「SIとアジャイル」の観点で顧客の予算システム、とアジャイルの不整合について。顧客(発注側)のからみて、予算どりには企画の承認が必要で、そのためには総工数が必要、そして、そのためには要求を事前に見積もらないといけない、という話してくれました。 一括請負の受発注のSIでは、まだまだアジャイルとリアリティの整合には課題があります。その中でどのようなスタンスと考え方で進めているのか、いいお話が聞けました。 ゼロからはじめるプロダクト開発 MCデータプラスの原 和也さん。モバイルのアプリケーションをアジャイルで開発した事例なのですが、新規のプロダクト開発(SoE)であっても、長く存在する「現役システム(SoR)との連携」がでてくる。 今後、SoRとSoEは二律背反でなくバイモーダルで行こう、と話をして頂きました。 二つの発表とも、リアリティの中での「よりよい開発へ」の考え方が表現されています。 ESMのアジャイル開発 平鍋からは、アジャイルの起こり、現場改善活動との関係、など、プロジェクトファシリテーションの視点から、アジャイルの意味を話させてもらいました。(いつものお話です) パネルディスカッション パネルディスカッションで、ご質問いただいた、権力でなく組織を変える話でご紹介した、「Fealess Change」はこちらです。 https://www.amazon.co.jpdp/462108786X/ 以前、著者の Linda Rising が日本に来た時にアジャイルジャパンで話してくれた内容のスライドに上げておきます。 まとめ 福井の会社がこうやって、さまざまなお客様と活動でき、また、こんなに褒めていただける会を開催できて幸せに思います。登壇者の皆様に感謝します。ありがとうございました! また、うちわですが、当日お手伝いしてくれたアジャイル事業だけでなく他事業部の方々、準備、当日、ありがとうございました!永和のやり方をどんどん広げていこうね。

Read more "ESM 事例カンファレンス2016"